マヌカハニーで肌美容

最近話題のマヌカハニー。
マヌカハニーはニュージーランド原産のマヌカという花から取れるハチミツで普通のハチミツよりも栄養素が高く抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用が強いです。

胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌の減少や虫歯、歯肉炎に効果があったという報告もあります。
そんなマヌカハニーは肌をきれいにするサプリメント代わりに摂取することも可能です。

ビタミンB1、ビタミンB2→代謝を良くします。皮膚や臓器の結成に必要なビタミンです。
ビタミンC→メラニンの活性を抑制し、シミ予防、美白効果を高めます。
マグネシウム→腸を動かし便秘抑制で毒素を排出するので、デトックス効果があります。
リン → 骨や歯、筋肉の原料となります。表情筋が保たれると見た目も若いままでいられます。
タウリン→アミノ酸の一種でこちらも筋肉のもととなります。
栄養素たっぷりのマヌカハニー。摂取方法としては
1位にスプーンて2?3杯、直接口の中に入れるのが一番のオススメです。

>>マヌカハニー

他にも普通の蜂蜜のようにマヌカハニーをヨーグルトに混ぜたりしても美味しいです。

カロリーを抑えるダイエット食事法

ダイエットをする方法は、食事の見直しと運動がメインとなります。
食事は栄養のバランスを取りながら、低カロリーなものを取りたいものです。
しかし、カロリー摂取を抑える為、食事の量を無理してまで減らす必要はありません。
食べる量ではなく、食べるものを変えれば、カロリーを抑える事ができます。
例えば、肉を食べたいのならばゆでて油を落とします。
むね肉なら高たんぱく低カロリーで、摂取カロリーを減らす事ができます。
魚を食べたいという場合には、淡白な白身魚の方がカロリーが低いです。
青魚はカロリーが高いため、なるべく避けるようにします。
また、低カロリーでお腹が満たす事ができる野菜は、たくさん食べるようにします。
野菜を先に食べると、噛む事により満腹感を得やすくなりご飯の食べ過ぎを防ぐ事ができます。
野菜の中でも、緑黄色野菜は栄養価も高いので、毎食の食事に取り入れるようにしたいものです。
卵を食べたいという場合、ゆでたまごで食べればカロリーもさほど高くなく、栄養も豊富なので1日1個は食べると体の調子を整えてくれます。
ダイエットの天敵に見える油ですが、油も体に良いものを摂取すればダイエットの味方となってくれます。
油も適量取る事で、便通によくしてくれますのでカロリーを怖がらず取るようにします。
カロリーが高いからと油を全てカットしてしまうと、便秘になってしまう事もありますので、必ず取るようにして下さい。
調理方法ですが、揚げるより焼く、焼くのなら油を引かないなどをすると摂取カロリーを少しずつ減らす事ができます。
食事の質を変えただけで、すぐに変化が現われるわけではありません。
有酸素運動をともに焦らず、継続する事が大切なのです。